FC2ブログ

応援するクラブの勝敗で笑ったり泣いたりできる仲間が居ることは最高に美しい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前好調キープ!清水0-3ガンバ

title.jpg
(スポニチ9/24)
『◇J1第25節 G大阪3—0清水(2014年9月23日 アイスタ)
 G大阪はFW宇佐美貴史(22)の先制ゴールなどで清水を3—0で下し、4連勝とした。これでエースが得点を挙げた公式戦は今季12戦負けなし。守備陣もクラブのリーグ戦タイ記録となる4試合連続完封を達成し、次節からの上位クラブとの直接対決3連戦に弾みをつけた。
 剛ではなく、柔で決めた。前半21分、佐藤のリターンパスを受けた宇佐美がドリブルでDF3人をかわしながら、最後は相手の股を通して右サイドネットを揺らした。「相手キーパーの位置は見えていなかったけど、感覚的に相手の股を抜いた一直線上がゴールの隅だというのは分かっていた」と芸術的なゴールに胸を張った。
 量産してきた豪快ミドルとは打って変わってゴロでコースを狙った一撃は、開幕前に負った左腓骨筋腱脱臼の重傷後、初めて左足で奪った得点。「まだ手術前とは感覚が違うけど左足で決められたのは自信になる」。厳しめの自己採点の中にも完全復活を感じさせた。
 目標とするアギーレ・ジャパン入りへ「ゴールという結果を残し続けていくだけ」と誓っていた通り、これでW杯による中断明けは公式戦15戦11発。リーグ戦も11戦7発と量産体勢を維持している。加えてこの日は、決めたい理由が他にもあった。「兄貴」と呼ぶなど尊敬している岩下は、24日が28歳の誕生日。プレゼントはゴールと決めていた。「絶対に点を取る」。公約を達成した“弟分”の活躍に岩下も「エースの自覚を持ってプレーしている。日本を背負っていく選手」と目を細めた。
 これで得点した試合は10勝2分け。重責は果たしているものの、課題も残った。中2日のデーゲームということもあって後半は足が止まり「前で起点をつくれればよかった」と反省。中3日の鳥栖戦を皮切りに、次節からは2〜4位クラブとの戦いが待つ。オ・ジェソクが負傷交代、米倉は体調不良で欠場、さらに藤春が次節出場停止と不安材料もある。それでも「最終的にどの位置にいられるか、この3戦が大事」と表情を引き締めたエース。その肩書にふさわしい活躍で逆転Vへ導く。』

全員で戦って勝てるガンバ。
控え組のモチベーションも高く、絶対チャンスをモノにしたいという
気持ちを感じるし、久々の実戦でも
あたかも自分がチームのリーダーかのように戦っている姿は
頼もしい。

宇佐美のスーパーゴールに次いでは

魂の弾丸ヘッドの丹羽、

しっかり決めてホイッスルを待つリンス。

多少押され気味な時間帯もあったけれど
特に慌てる事なく、きっちり受けられた。

完勝です。

次節は苦手な鳥栖。

といっても、過去の話で立て続けに
やられていた時はガンバも
泥沼の時だから。

ダービーの重圧を軽々と乗り越える力があって
2年前くらいの鳥栖に苦手意識を
わざわざ思い出してやられるとか断じて有り得ない。

もちろん油断はダメやけど
引き続き自信を持って戦って連勝!



NAITO
にほんブログ村 サッカーブログ ガンバ大阪へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。